ノビルンのボーンベップってそんなにスゴイ成分なの?

ノビルンに配合されている成分の一つにボーンベップが挙げられます。

 

ボーンは英語で骨、ペップはペプチドの単語を略したもので、たんぱく質の仲間です。

 

ボーンベップの特徴の一つに熱や酸に強いことが挙げられます。そのため食材を酸で加工しても熱しても成分が安定し、失われることがありません。そして、この成分は健康を害することがありませんので、大量に摂取しても特に問題がないと言われています。だから、子供が摂取するものに配合されていても安心です。

 

ボーンペップは骨を伸ばす?

ボーンベップはカルシウムと一緒に摂取することで骨に作用して、身長を伸ばす効果があるとされています。まだ人間で結果が得られた報告はありませんが、マウスを使った実験では骨の成長が確認されています。

 

そもそもボーンペップとは、「ボーン(骨)」と「ペップ(ペプチドの略)」を合わせた言葉です。
鶏の卵を温めると産まれてからたったの21日でヒヨコに成長しますよね?この成長の秘密について研究したところ、卵黄の中のペプチドが成長期のお子様や更年期のお年寄りに重要な成分であるということがわかったのです。

 

 

骨の成長をサポートし、骨密度を高める、骨の強度を高める3つの効果が期待できます。

 

成長期の子供には骨の関節に骨端線と呼ばれる軟骨が見られます。この部分にポンベップが作用して骨をつくる細胞を作ります。しかし骨をつくる細胞だけが増えても身長の伸びには効果が得られません。骨のもととなる材料が必要であり、その材料がカルシウムです。

 

カルシウムと一緒に摂取することで、骨の成長が進んで、結果的には身長が伸びることにつながります。また骨密度を高める効果も期待できるとされています。骨密度を高めることにより骨粗しょう症の予防にもつながり、成長期の子供にはもちろんこと、妊娠中の女性や更年期以降の人など骨密度が気になる人たちにも注目されている成分です。

 

さらには骨の強度を高める効果が期待できます。骨の強度は骨密度と骨の質を図った数値であり、骨がもろくなったり折れやすくするのは骨密度だけではなく骨の質にも関係があります。骨の強度を高めるためにもこの成分は効果的です。特にスポーツをやっている子供はけがの心配がありますが、このような場合にもしっかりとした骨づくりが求められます。

 

ボーンペップは食材から摂取できないの?

身長の伸びに関係していることから、できれば食材から摂取したいと思う人もいるかもしれません。

 

しかしボーンベップが含まれている食材は卵黄のみです。卵黄以外の食材からは摂取することができないのです。大量に摂取しても特に健康被害はありませんが、だからと言って卵黄の過剰摂取はカロリー過多につながります。
ノビルンには1日の目安の2粒の中に300mgが配合されていて、タブレット型のサプリメントなのでおやつ感覚で手軽に摂取できるのが特徴で、子供も喜んで口にすることでしょう。

 

そんなノビルンを購入するなら公式サイトがおすすめです!